永久脱毛の「永久」は永久ではない!

「永久脱毛」って聞くと、永遠に、極端な話死ぬまでムダ毛が生えてこない、と思っている方も多いのではないでしょうか?

確かに永久脱毛と聞くとそのようなイメージは強いですよね。

しかし、永久脱毛は実は永久ではないのです。

永久脱毛をうたっているサロンも多いし、そのようなコースを用意しているところも多いと思います。

永久脱毛にかかる時間は、短い人で2年、長い人で3年とかなり長い期間必要になります。

しかし、それだけ長い期間サロンやクリニックに通っても、またムダ毛が生えてきてしまう、という事はごく普通の事なのです。

人間の身体の仕組み上、毛は皮膚を守るために生えて来ます。

それを無理やり生えてこないようにするのはなかなか無理がある事ですよね。

しかし、永久脱毛をすると「毛が生えにくくする」事は可能で、米国電気脱毛協会によると、永久脱毛の定義は、「脱毛後1ヵ月の毛の再生率が20%以下」であると提唱されています。

なので、永久脱毛を行ってもまたすぐに毛が生えて来る訳ではなく、20%以下の確率で毛が生えて来る事になります。

もちろん、脱毛後どんどん時間が経てば、毛が生えて来る確率も更に上がってきます。

なので、永久脱毛をしたからと言って、ムダ毛とは死ぬまでサヨナラ出来るとは思わない方が良いですね。

その都度毛の様子を見て、気になるようだったら脱毛に通う、という気持ちでいた方が良いようです。

サロンに行ったら、必ず永久脱毛をしてもらえるか、と言ったら、それはハッキリした答えを出す事が出来ません。

最も永久脱毛に近いと言われている、効果が一番高い脱毛がニードル脱毛ですが、一般的なサロンでは光脱毛、フラッシュ脱毛を使っているところが多いです。

なので、サロンによって脱毛方法が異なるので、必ず永久脱毛が出来るとは言い難いのです。

永久脱毛をして、全て施術が終わったら絶対に毛が生えてこないと思っている方は、「毛はまたいつか生えてくる」と思っておいた方が、素直に脱毛を受けられると思います。