レーザーの光は直視すると失明の危機に!

脱毛サロンへ行くと強い光を照射したり、レーザーを照射して毛根細胞を破壊します。

その際、ゴーグルやサングラスを渡されると思います。

これは単にまぶしいからかけて下さいね、というものではありません。

実は脱毛に使用しているレーザー光線は、直接目に入ると失明する恐れがあるからなのです。

現在色々なところでレーザーは活用されていて、身近な所ではレーザーポインターやDVDプレイヤーの読み取り装置などにも使われています。

しかし、サッカーの試合なのでレーザーポインターを選手に向けて照射したとか、遊びで使っていて視力が激しく損なわれたなんていうニュースも聞いたことがあるかも知れません。

レーザーはとても便利なものですが、扱い方を間違えると大変なことになってしまうものなのです。

脱毛サロンで使用しているレーザーについても、毛根細胞を破壊するため強力なものが使われているところもあります。

普段あまり目にする機会のない脱毛機なので、興味本位で施術中にのぞいてみたくなる気持ちも分かりますが、安全には十分に注意してください。

レーザーはその威力に応じてJIS規格でクラス分けがされていて、最近販売されているようなレーザーポインターやパソコンなど身近にあるものは威力の一番弱いものが使われています。

もしくは厳重に安全装置が働いていて危険がないようになっているのです。

しかし、脱毛サロンでは直接毛穴に照射する必要がある為、施術するスタッフも患者も強力なレーザーを直視する可能性があります。

さらに強力なレーザーはなにかに反射した光が間接的に目に入っても、数秒程度で失明する危険性があると言われているのです。

その瞬間には分からなくても、後になって視界に穴があいたようにものが見えなくなる、なんていう怖い事例もあるようです。

このように一歩間違えば危険なレーザー脱毛ですが、逆にいえばこれだけ普及しているレーザーは、安全装置さえちゃんと働いていれば、問題なく便利に使える優れたモノだということです。

ただし過信は禁物です。

ゴーグルやサングラスも数秒間レーザーを当て続ければ、穴があいてしまうものも多いのです。

危険なレーザーは直視しない、できるだけ見ないことが一番安全な対応だと言えるでしょう。

イヤなムダ毛をなくしてくれるレーザー、施術前にはスタッフから安全に関する注意がありますので、しっかり守って正しく脱毛しましょう。