自分でワックス脱毛をする際は特に保湿ケアには気を配って!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

最近はブラジリアンワックスのサロンも増えてきましたね。

特殊なワックスを塗るだけで脱毛できるので、安く脱毛ができると評判になっています。

また毛の色素が薄い人や白髪などにも効果があるので、ワックス脱毛を選択する人もいるようです。

ワックスを手に入れれば自宅でも簡単に脱毛が可能なのがワックス脱毛の良いところではありますが、そこには大きなリスクがあることも忘れないでください。

ワックス脱毛は脱毛したい場所にワックスを塗って、その上にシートを貼って固めます。

それをムダ毛と一緒に剥がして脱毛する方法ですので、乱暴な言い方をしてしまえばガムテープで無理やりムダ毛をむしり取っているようなものです。

ワックス脱毛のプロであれば、肌の状態やワックスの固まり具合、シートの剥がし方などプロのテクニックでお肌をできるだけ傷つけない技術を持っています。

しかし素人が何も知らない状態で説明書を読んだだけで同じことはできません。

シートと一緒に肌の表面の組織を剥がしてしまう危険性が高いのです。

無理やり皮膚を剥がせば、そこは怪我をしているのと変わりません。

適切な処置をしないと、日焼けや雑菌による炎症を起こして大きな肌トラブルにつながってしまうのです。

お肌が無事な場合でも毛根が傷ついてしまうと、次に生えてくる毛が埋没毛になってしまう可能性もあるのです。

黒いシミのように見えてしまう埋没毛は、一度なってしまうと取り除くのがかなり厄介で、色素沈着により見た目も良くありません。

自分で脱毛した場合はデザインが自由にできないというデメリットもあります。

慣れてくれば上手くいくようになるかもしれませんが、それには時間も掛かるでしょう。

手軽に行える分それだけのリスクがあるワックス脱毛、安全を求めるのであればプロにお願いするか、脱毛サロンやクリニックへ通うことをおススメします。

ワックス脱毛を行った場合は、プロでも自分でやった場合でも多かれ少なかれ肌組織へのダメージはあります。

ワックス脱毛の後には、必ずお肌と毛穴に入念な保湿ケアをしてあげてください。