脱毛前後のスクラブは危険なのでやめて!

お肌のお手入れにスクラブを取り入れている女性も多いのではないでしょうか。

スクラブは細粒を加えた洗浄料のことで、古くなったお肌の角質を取り除いてくれるため、スクラブでお手入れしたあとはプルプルのお肌になれるんですよね。

特に、ターンオーバーが乱れがちな大人の女性から支持されているお手入れ方法の一つです。

ですが、脱毛施術前後のスクラブでのお手入れはとっても危険なのでしてはいけません。

スクラブと一言でいってもいろいろな種類がありますよね?

例えば敏感肌の人にも安心して使えると言われているこんにゃくスクラブや、塩が入ったスクラブなど、入っている細粒によってケアの手触りもお肌への効果も違ってきます。

どんなタイプのスクラブでも、それを使用するということはお肌に小さな傷をつけることになるんです。

そんなスクラブを脱毛施術前に使うと、傷がついたお肌に光線熱を照射するので、炎症や火傷などの肌トラブルが起こる危険性があります。

また同様に、脱毛施術後にスクラブを使うと、光線熱で敏感になっているお肌をスクラブで傷つけることになるため、同じく肌トラブルを起こす危険性があります。

ですから、どんなにお肌に優しいタイプのスクラブであっても使うことは避けましょう。

またスクラブと同じように、脱毛中は体を擦るという行為は避けなければいけません。

例えばお風呂で体を洗う時に、ボディタオルでゴシゴシこすったり、肌を締め付けるような洋服を着たりというのも避けましょう。

特にお風呂での体の洗い方には注意が必要ですよ。

お風呂の中には雑菌がたくさんいます。

ボディタオルでゴシゴシこすってしまうと、小さな傷ができ、傷口から雑菌が入りやすくなるからです。

炎症を起こしてしまったり、ひどい場合は化膿してしまうような場合もあります。

それにゴシゴシ擦ったりすると色素沈着の原因にもなります。

脱毛期間中はとにかくお肌を擦らないように気をつけましょう。

脱毛完了後は、スクラブケアを行っても全然問題はありませんので、それまでは脱毛の方に集中してしばらくお肌のために我慢しましょう。