万が一、脱毛後に赤みが出てきたら肌を冷やそう

脱毛サロンや脱毛クリニックと聞いて、ホントに大丈夫?と不安に思う人もまだ多いかと思います。

レーザー自体も良く分からない状態で、大切なお肌に当てて毛根を破壊すると言われても、火傷や傷が残る心配はあるでしょう。

現在脱毛に使われているレーザー脱毛器やフラッシュ脱毛器は、肌のメラニン色素の部分に選択的に効果を発揮する波長の光を利用しています。

簡単にいうと色の濃い部分だけに効果が出る光なので、色の薄い肌には影響が出ない訳です。

逆に言うと日焼けなどして肌が黒いと影響を受けるので、脱毛する際には日焼けしないことが大前提になっています。

ムダ毛に対して光を照射すると、黒い部分に強い熱が作用して毛根部分を破壊するなどして毛を生えなくする仕組みになっています。

また照射時間も一瞬ですので、火傷する心配はあまりありません。

ただしレーザーの熱自体は毛穴周辺のお肌に少なからず伝わりますので、お肌が乾燥したり熱くなって赤みが差すこともあります。

これは体が熱を持った時の通常の反応ですので、全く心配はありません。

脱毛直後にも冷却してから十分な保湿ケアをしてくれますので、しばらくすれば全体の赤みは引いてきます。

それでもどうしても施術当日は施術場所の周辺は赤くなってしまいますし、毛穴部分の周りだけ湿疹のような感じで赤いポツポツが見えます。

ただ翌日にはかなり赤みも引いてきますので、心配せずに様子を見て下さい。

また赤みが出続ける原因として、脱毛後の飲酒や激しい運動、入浴などがあります。

脱毛当日はそういった行為を避けて、自宅で保湿をしっかり行いながら体を休めましょう。

もし赤みがヒドイとようであれば、施術部分の冷却を行ってください。

とはいえ言葉でいくら説明されても不安は消えないと思いますので、実際に脱毛サロンなどでレーザーを照射することをおススメします。

パッチテスト等の呼び方で無料のカウンセリングと合わせて、脱毛器のテストをしてくれるサロンも多いので、気軽に相談してみてください。

当日、翌日と様子を見て問題なければ安心して脱毛できると思います。

ただし、体調によっては肌トラブルにつながる場合もありますので、最初に大丈夫だったからと安心はしないでください。

万が一のこともありますので、毎回の施術後は十分な保湿ケアを忘れずに、肌の状態の確認は続けるようにしましょう。